日本人 – Japanese

プロジェクト
ClimateTalks.Orgは、世界中の人々の知覚気候経験のプロセス指向の気候研究である。目的は3つあります:

1 。基本的なレベルでの人々との会話や相互作用を介してローカル気候の意識を高めるために。関係するすべての人々がランダムに選択されています。彼らの経験と気候の理解について、オープンダイアログの後、地球儀、会話に終了儀式として膨張する。これは経験が思い出深い、そして後に友人や家族と継続的な会話を刺激することである。

2 。物語を文書化し、人類の大きな物語の中で、それらを統一する。インタビューは、容易に明らかとショートオープンエンドの質問を質的研究方法、ノルウェー教授シュタイナーKvaleのプリンに基づいています。 (ページの下部にあるリストを参照してください) 。このウェブサイトは、それらの背後にある物語と人を文書の”道”の最初の駅です。ウェブサイトでは、すべてのストーリーが含まれていないが、プロジェクトのプロセスに焦点を当てている。物語は、後に本を”保存”し、他の計画は、パイプラインにありますされています。 O) :それまでは、世界中から美しい人々の映像を楽しむ

3 。課題の人類の理解を世界中から人々を統一するには、直面している。これは、映画や写真と一緒に文書化された物語が中継され展示やプレゼンテーションを介して行われます。毎年、このプロジェクトは国連気候変動会議(COP)に行くと展示を行います。ではない公式の会議の一部としてではなく、公共の場で、広場や通りのような。国連COPはトップダウンであれば、このプロジェクトはボトムアップされるように) O :展覧会は、人によって人と本質的に、人々のためのものです。

私について:

IMG_3032

私の名前はイェンスルイプロパティ値のジェイクスです。私はパフォーマンスデザイン&ビジネスロスキレ大学とクリエイティブリーダーシップ、イノベーション&コペンハーゲン大学から起業、 IT-大学とデンマークのデザインスクールで修士の学士号を持つアーティストだ。後、私は人類学、社会学の部門、コペンハーゲン大学で政治学の部門の部門における気候研究で焦点を絞っマスタークラスを補っています。

芸術家として、私は創造的な分野で幅広く働いています。演劇やダンスの公演、大小の規模アートインスタレーション、フィルム、フロントで、カメラ、写真や絵画の背後にあるミュージックビデオから…創造的な表現は私には重要なものである。媒体は無関係です。

動機:

私の父は、ロニー·ジャックは、常に世界を旅写真家であり、彼は同じように私の中で種を植えました。彼の死は、世界の旅行者としての私の始まりを巻き起こした。しかし、私は私の旅の目的を必要とされる、と私は私の気候プロジェクトを開始した。

学問の世界では、政治的なアリーナ(その時々潜伏演繹付き)内のすべてのトップダウンの科学的な素材を使用し、私は普通の人の生活や仕事の”階”に焦点を当て、ボトムアップ帰納的アプローチを作りたかった。そして、私はただ一人の人間、別の人間に話し会話をシンプルに保ち、まっすぐになりたかった。私は、オープンエンドの質問をし、それらの話をして、ここに正直、できるだけ正直なように会話を維持させる、できるだけ少ないと言うでしょう。そしてそれはあった。 O)

プロセス:

プロジェクトは、常に世界を膨張し、その写真を撮るの終了”芸術的”儀式で、単に気候の問題や地元の課題について人々に話しを中心に、形で緩い始まった。しかし、私はすぐに人々はどこに私が前に聞いたことがなかった話を伝えることに気づき、私は、より詳細に文書化するたびに尋ねた少数の特定の問題は、私は完全な物語を持っていることを確認し、物語が同等にすることを保証始めました。

5年後、約500 +の会話では、 90カ国以上で行われている。すべての会話は、パズルの小さな作品です。あなたは全体像がどのように見えるか分からないパズル。私はゆっくりと一緒にパズルを入れて始めて、それが魅力的で離れて世界であり、特定の単語がほとんどすべての会話の中で使用されていることがわかり、会話の間に相関関係を見つけることが興味深いです。

目的:

私は特定の結果にでロックではなく、プロセスをさせることが好きではないし、このケースでは物語は方法を示しています。私はすでに国連COP会議の周り毎年写真で、名前WorldUnite.Meで展示をしています。

2008年以来、何百万人もの人々は、世界中の展示会を見てきました。下の写真は、コペンハーゲンでの国連COP15からの画像がインタラクティブな100フィートの大世界に投影された市庁舎広場、オンと10日長い国連気候会議中の夜間展示である。

ClimateTalks.Org国連警官15 ClimateTalks.Org国連COP15

 

将来的には私は本、タブレット形式の相互作用、ドキュメンタリー、プレゼンテーションを作るかもしれない….時間が教えてくれます: o)の今の私はまだ会話に焦点を当てています:o )と、

(しかし、私は深く、 “スタッフの物語”、そして物語を伝える彼らの方法に触発されています。あなたがそれを見ていない場合は、あなたがすべき。あなたは右の上をクリックするか、リンクのセクションに行くことによってそれを見つけることができます。 )

———————————

シュタイナーKvale :

インタビューガイド:良いインタビュアーのKvaleの10の基準(ソース: SteinarのKvaleインタビュー:1996質的研究方法の紹介) :

知識や面接の話題に精通して
クリアの質問は、シンプルで簡単で短いです
面接の構造と目的構造化与える説明
 GENTLE -letが人々は、彼らが言うことを終える
インタビューを敏感-聞く
インタビューすることが重要であるものにオープン応答
ステアリング舵はすべき彼が見つけるために必要なものを知って、質問を使用してプロンプト
インタビューで言われているものに挑戦するクリティカル – 準備
回想 – 何既に以前に言われてと言われてきたものに戻って参照している。既にインタビューで述べた質問をしない
言われてきたのか要約解釈バイ
2その他の基準:
バランスではなく、あまりにも少なすぎるの話をしない話をする
倫理的に面接は、研究が何であるかを知って、どのようにデータが扱われる敏感、確実に
研究の目的の簡単な紹介を行い、守秘義務の問題について質問します。インタビューでは、彼/彼女の名前を共有すると罰金です。

It's only fair to share...Share on FacebookShare on VKEmail this to someonePrint this pageTweet about this on TwitterShare on StumbleUponShare on TumblrShare on RedditPin on PinterestShare on LinkedIn

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>